音楽ケアのプロフェッショナル

「あらゆる病気は音楽的な問題であり、あらゆる治療は音楽による解決である」(ドイツロマン派の作家・ノヴァーリス1772〜1801)

「人生の最後に聞きたい音楽は何ですか」アンケート

当ミュージックホープでは、皆さん一人一人の人生にとって「最も重要な音楽(パーソナルソング)」「人生の最後を締めくくるにふさわしい音楽(ラストソング)」が何なのかをアンケート調査しています。

下をクリックしますと、アンケートフォームとこれまでのアンケート調査結果(現在時点での調査結果)をご覧いただけます。集計数375人(2019年12月28日現在)

音楽ケアセミナーコンサート・音楽ケアコンサルティング・終活ビデオなら
MUSIC-HOPE

一般社団法人ミュージックホープのホームページへようこそ

サービスのご案内

音楽ケア・セミナー・コンサート

病院などの医療機関、あるいは介護施設などで「ケア」に従事するスタッフが、ケアの流れの中で具体的に考えるべき「音楽の使い方」「ノウハウ」などのセミナーを行う「第一部」と、クラシック、ジャズ、ポップス、歌謡曲に至るすべてのジャンルの一流アーティストのコンサートを行う「第二部」のセットのセミナーです。さらに、会場(医療機関、施設、あるいは公共施設など)では、高齢者向けエステの実演・施術も同時に行います。

音楽ケアのコーチング

日本では、まだまだ音楽セラピーや音楽ケアの有効性が理解されていません。そんな現状を具体的に変えていくために、各々の現場(医療機関、施設、デイサービス、学校、身障者施設など)や個人の事情にあわせた総合的な音楽コンサルティングを行っています。このコンサルティングは、すべて個人や現場にあわせたオーダーメイドで行っていきます。

 「自分史ビデオ」制作

 私たち一人一人の人間にはそれぞれの人生ドラマがあります。そして、その「ドラマ」を(存命のうちに)「文章」や「映像」など、何らかの形で残しておけたらと考える人はけっして少なくないでしょう。その「希望」を各方面のプロがお手伝いします。その方の一生を聞き取り、台本化し、映像、絵本などをオリジナル音楽と一緒に制作するサービスです。けっして、葬儀の時に家族が(あわてて)集めた写真などの資料をもとに作られた故人の思い出映像などではなく、希望される個人が自ら映像を監修し「ああ、これで自分の生きた証がこの世に残せた」と満足していただけるものを作ることが目的のサービスです。台本から撮影、音楽、ナレーションなど、TV映画界、音楽界、演劇界などで活躍中の第一線のプロにお話ください。きっとご満足のいく「自分史」映像が出来上がるはずです。

 訪問音楽ドゥーラ(あるいは、オンライン音楽ケアの勧め)

「うちにいつでも来てくれるお抱え音楽家がいれば....」「看護師さんだけでなく、うちの父や母のみとりに付き添ってくれる音楽家がいたら....」そんなぜいたくな夢を実現するためのシステムがこれです。いつでもどこでもご自宅でプロフェッショナルの極上の音楽セラピーを受けるという贅沢な望みをかなえてくれる音楽プロフェッショナルが音楽ドゥーラです。ちょうど産前、産後の不安を解消してくれるミッドワイフ(助産師)のように、音楽で人に寄り添っていく音楽ドゥーラを各家庭に派遣致します。そして、(コロナウィルスによる感染症予防などで盛んになった)youtube, zoom, facetime, skypeなど、あらゆるオンラインメディアを使った形で、各家庭と音楽ケアのスペシャリストが世界中、日本中のありとあらゆる場所でつながることも可能です。ぜひ、お問い合わせください。

 障害のある子供たちへの音楽ケア

 発達障害、行動障害、自閉症など、コミュニケーションや生活に問題を抱える子供達が年々増えています。そうしたお子さんたちは、ことばでのコミュニケーションは上手でなくとも、音楽やアートなどを通じた意思の疎通には問題のない場合も多いことがわかっています。特に、自閉症のお子さんは、音楽やアートに格別の才能を発揮することが多いのは紛れもない事実です。そうした音楽の才能を持つお子さんたちのためのコンサートやイベントなども企画・実践しています。

 また、タッピングセラピー(打楽器などを叩き合うことによるコミュニケーションセラピー)や自分のオリジナル曲を作ったり歌ったり楽器を演奏したりするセラピー・ワークショップなど、さまざまな音楽ケアがお子さんたちの問題を劇的に解決してくれる事例は世界中で数多く報告されています。

音楽ケア研究会・音楽ドーラ養成セミナー

 世界中、どこの保育園でもどこの幼稚園でも、みんな歌を歌ったり、音楽にあわせて一緒にお遊戯をしたりしています。では、保育園の先生や幼稚園の先生は、どういう目的で子供たちに音楽を使っているのでしょうか。そうするように教えられてきたから....。そうかもしれません。同じように、介護施設やデイサービスで介護スタッフが高齢者の人たちと一緒に歌を歌ったり、(音楽にあわせて)簡単な体操をしたりしています。この2つの光景(幼稚園と介護施設)、どこか似ています。そして、この似ているところが一番の問題点だということに気づく人はそれほど多くありません。そんな「当たり前のように見える光景」への疑問からこのセミナーはスタートします。

シニアのための音楽アンサンブルコーチング

 楽器の習得ほど高齢者の認知症予防に効果を発揮するものはありません。楽器を演奏するという行為は、それだけで脳のありとあらゆる部分を満遍なく駆使する作業だからです。どんな楽器でもかまいません。長い間夢見ていた楽器、小さい頃手にしたけれど長い間ほうっておいた楽器、そんな楽器を手にとってまた練習を始めるシニアの方々を大勢指導しています。エレキ、サックス、大正琴など、ふだんから仲間と一緒に音を出している人たちは大丈夫ですが、高齢になってからいきなり楽器を始める(あるいは、再び始める)人たちにとって他の楽器とのアンサンブルはハードルの高い作業です。そんな人たちを専門に指導するコーチングです。リスクの高い「一人暮らしの高齢者」の生活を劇的に改善する意味でも大変有効な方法です。

MESSAGE ごあいさつ

当社代表のみつとみ俊郎です

音楽が私たちの生活に果たす役割はけっして少なくありません。

介護・看護する方への音楽ケア活動・癒しを提供するセミナー・コンサートなどを開催しています。

高齢になってから楽器を始めたシニア世代への演奏指導、アンサンブル指導をプロが行っています。

高齢者への音楽ケアだけでなく、将来ある児童への音楽活動、音楽ケア活動も行なっています。

私たちの日常生活からみとりまで、人々に寄り添う音楽を提供する新しい音楽のプロフェッショナル「音楽ドゥーラ」を養成しています。これからの未来に必要な人材です。

お気軽にご相談ください。

当社の特徴

終活に音楽

遺書は法律的な人生の後始末です。リビングウィルは人生の総合的な後始末。「自分史ビデオ」は、個人が社会に残す「生きた証」です。

あらゆるニーズに
応えます

人の好みやニーズはさまざまです。しかも、ケアが人生のどういう段階でどういう形で必要になるかは誰にも予測不可能です。私どものサービスはいついかなる時もどんなニーズにも応えられる用意がございます。

結果に責任を持ちます

「寝たきりや認知症の方に音楽なんか聞かせたってわかりっこないよ」という誤った情報が流布していた現場が「なるほど」「すごい」という驚きに変わります。生活に希望を復活させるお手伝いをさせていただきます。

ネットワーク

看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、心理療法士、保健師、エステティシャン、鍼灸師、医師、アーチストなど、医療、介護のあらゆる分野での豊富な人材とさまざまな形でコラボができる体制を整えています。

多くのビジネスモデル

「音楽ケアのメリット」に気づき、仕事として実践しています。当社への信頼性お客様の期待を裏切らないためにも、常にお客様のニーズがどこにあるのかの学習は怠らないようにしています。

日本中どこでも行える音楽ケアサービス

東京からの派遣だけでなく、日本中に拠点を作り、それぞれが支店のように対応できるシステムとノウハウ作りを目指しています。しかも、世界的パンデミックにも対応可能なオンラインでの音楽ケアも実施しています。

他のコンテンツ

介護の現場にいらっしゃる音楽家の方達のレベルって?といつも思っていました。しかし、ミュージックホープさんは、「さすがプロ集団」って思えるような対応と現場の参加者の方達の反応で大変満足しています。今後もお付き合いいただけたらと思っています。                                             (こうした利用者さんのコメントを事例ごとにご紹介しています)

新潮選書5冊を含む9冊の著書を出版し日本中で数々の講演・セミナーを行い、世界的に有名なTEDイベントにも出演して認知症と音楽の関係のスピーチを英語で行なった実績をもつ当社代表の音楽家みつとみ俊郎による「音楽療法のお役立ち情報」も定期的に更新しています。

facebookでも情報公開しています

私たちの活動をより多くの人たちに知っていただきたいと思います。そのためのSNS での情報開示です。 

facebookだけでなく、twitter、linkedinのプラグインも設置致します

 

News & Topics  新着情報

2020/1月
スタッフとして私たちと一緒に「音楽ケア」や「音楽療法」を社会に広げていってくださる方を募集しています。音楽家の方、音楽療法士の方、あるいは医療、介護関連スタッフの方や一般の方など、どなたでもご参加いただけます。ご連絡お待ちしています。
2020/4月
オンライン音楽ケア行なっています!!コロナウィルスの世界的なパンデミックによって、さまざまなイベントがキャンセルされています。これまで定期的に行なっていたデイサービスでの音楽ケアなどもここ数ヶ月ほとんど行われていません。毎月定例となっていた「伊豆高原音楽療法研究会」もしばらく中止です。こういった時こそオンライン音楽ケアが多くの現場、家庭、施設等で必要な時期だと考えます。皆さんからのお尋ね、ご依頼をお待ちしています。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0557-53-1520

※フォーム問合せは24時間受付中