〒413-0233 静岡県伊東市赤沢367-204      (東京オフィス) 〒168-0065 杉並区浜田山2-20-8-202

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0557-53-1520

ミュージックホープが
皆さまにお送りするお役立ち情報です
 

上の画像をクリックすると、当社代表みつとみ俊郎の音楽ブログに飛ぶことができます。音楽評論家として多くの雑誌、新聞、そして著書を多数持つみつとみ俊郎の音楽ケアの基礎的な知識をぜひ共有ください

 お悩み解決 Q&A

Q1)看護師です。病院でCDをかけています。これって音楽療法になりますか?

A)  もちろん「患者さんやスタッフの気持ちをリラックスさせる」といった意味での音楽ケアの効果は期待できます。ですが、それ以上の効果を期待することはできませんし、患者さんの中には、そうしたBGMを「うるさい」と感じている人もいらっしゃるかもしれません。患者さんや周りへのモニタリングは欠かさず行うようにしてください。

Q2)ウチの主人はデイサービス嫌いで、なかなか出かけてくれません。どうしたら良いでしょうか? 家で一緒に歌でも歌っていた方が良いのでしょうか?

A)  デイサービスで「歌を歌う」だけでなく、それ以外のアクティビティも、スタッフの人たちが一生懸命やっているにも関わらず、「あんな幼稚園みたいなことをやらせる所に行けるか!」と言って弟子サービスを拒絶する男性高齢者は確かに多くいらっしゃいます。これには、拒絶する側にも、サービスを提供する側にもお互い(きちんとした理由があるので)仕方のない面があります。ただ、こうした介護や医療に関する状況は刻一刻と変化しています。同じデイサービスでも「介護保険を使わないデイサービス」ですとか、各地域ごとに様々に工夫を凝らしたアクティビティがどんどん増えています。それに、最初は嫌がっていた高齢者の方達も、いざ行って見て体験してみると、逆に、デイサービスに行くことが楽しみになってしまう人も少なくありません。一度、(担当ケアマネさんらと策を練って)なんとか連れ出して見てはいかがでしょうか。結果は保証はできませんが、なんらかの成果はあるかもしれません。

 

 

Q3)楽器が「脳トレ」になると聞いたのですが、高齢になってから楽器を習うのはハードルが高いのではないでしょうか。カラオケで歌うだけではダメですか?

A)  もちろん、歌を歌うだけでも脳は活性化します。しかし、楽器を習うことは、歌を歌うだけでは使われない脳の様々な部分を活性化させます。大正琴であっても、ギターであっても、正しい音と正しい指を関連づける脳の作業は、(楽器を習い始めるまで)一度も使われることのなかった脳の部位を刺激し、全く新しいニューロン同士の結びつきを促します。楽器を習うこと以上の「(脳の)リハビリ」はありません。この(高齢になってからの)楽器への挑戦が認知症予防にどれだけの効果をあげているかは、各国がその研究成果を既にだしていますし(既にエビデンスも出ています)、日本でもその効果を期待する動きがどんどん広まっています。

 

 

それでもお困りなら

ミュージックホープ代表の
みつとみ俊郎です。アナタの
お悩みにお応えします​

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0557-53-1520

※フォーム問合せは24時間受付中

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0557-53-1520

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。